Mamoru PUSHとは

QRとプッシュ通知を使ったパスワードレス、2要素認証サービス

Mamoru PUSHは、サービスを考える方やサービスを作っているエンジニアの方向けに、
登録やログインが簡単でユーザーを離脱させることがない。なのに特許技術により安全な認証手段をプッシュ通知とQRコードで実現しています。
認証技術は、全てAPI提供しているため導入も簡単です。まずはトライアルプランでお試しください。

Mamoru PUSHを利用した例

ログインの課題

  1. 1. めんどくさい

    ステップが多い、入力するのが大変、カードや専用デバイスが必要、環境要因によって生体認証はログインできない場合がある。

  2. 2. 危険

    アカウント流出、フィッシングの懸念によりログインをするのが怖い。

  3. 3. ユーザーの離脱

    1,2の結果、サービスにとって大事なユーザーが離脱してしまう。

Mamoru PUSHでできること

  • 通知を許可するだけのワンタイムプッシュ通知認証

    フィッシング対策や不正アクセス防止のために作られたワンタイムプッシュ認証。
    64桁英数記号の複雑なトークン技術の活用、ユーザーがログイン時にスマートフォン側で認証待受状態にしない限りログインが成立しない待受機能、未知の環境からログイン要求があった場合に警告を出す機能によりユーザーを守る。
    一方で待受と通知の許可をするだけでログインが完了するフィッシング対策抜群な認証技術。
    ※国内特許取得済み (特許 第6104439号/特許 第6321834号)、
     米国特許取得済み(特許 第10,659,461号)

  • スマホでスキャンするだけのワンタイムQR認証

    一定期間に1回しか利用できないワンタイムQR認証。
    QRコードの脆弱性課題を解決しつつ、ユーザーが慣れているQRコードをスキャンするという体験だけでログインが完了する。
    ログイン新時代の幕開けとなる認証技術。
    (国内特許 第6405071号)
    (米国特許 第10,594,485号)

  • デバイス不要。次世代のコード Mamoru CODE

    スマートフォンを利用できない方向けに作られた認証技術。
    個々のCODEに鍵長の長いデジタル証明を組み込み偽造防止を実現。
    顔写真を利用することで視認性も兼ね備えたデバイスレスなのに安全で簡単にログインが完了する。
    ※セイコーソリューションズ株式会社が特許出願中の技術を使用

    デバイス不要。次世代のコード Mamoru CODE

よくある質問