駐車場精算機の決済センターシステム | Mamoru PUSH 事例紹介ページ

お問い合わせ

駐車場精算機の決済センターシステムでの
利用事例

駐車場精算機の決済センターのPCI DSSv3.2.1への準拠の際に採用し、
現在も利用を続けております。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard) の最新バージョンである、v3.2.1への対応のために利用しました。
v3.2.1では、多要素認証の要件として、3つの認証要素である「記憶情報」、「所有情報」、「生体情報」の3種類のうち2種類以上を用いる必要があります。
さらに、多要素認証の要件を満たすには、認証機構間の独立性が重要とされています。
具体的には、1段階目の認証を突破しても2段階目の認証を突破することができない、1つの認証が破られても別の認証には影響がない、という状況を用意する必要があります。

これまでクライアント証明書(所有認証)とパスワードを利用してきましたが、上記の通り、クライアント証明書では認証の独立性が担保できないため、二要素目の認証として、Mamoru PUSHの利用を決めました。
実装が簡単なので、すばやく実装することが出来ました。
セキュリティに関しても非常に強固ですので、Mamoru PUSHを利用し、PCI DSSの最新バージョンを取得することが出来ました。

Mamoru PUSHのお見積もり、デモ体験は無料です。
まずはお気軽にご相談ください。

お見積もり・お問い合わせ
TOPに戻る