News > 「Mamoru PUSH」が「IceWall MFA」と連携可能に

「Mamoru PUSH」が「IceWall MFA」と連携可能に

多要素認証基盤「IceWall MFA」と、パスワードレスなダブルトークン型プッシュ通知認証「Mamoru PUSH」が連携可能になりました。

IceWall MFAでは、Webアプリケーションへのログインのセキュリティを強化しユーザビリティを高くするために、パスワードを使わない2要素認証を追加しログインを行うことができます。

Mamoru PUSHは、株式会社ISAOが特許技術を所有しているパスワードレスなプッシュ通知型の2要素認証方式 [※国内特許取得済み(特許番号:6104439号)(特許番号:6321834号)国際出願済み]です。2要素認証に代表されるワンタイムパスワードでは防ぎきれないフィッシングサイト対策に強くパスワードを使わない点が特徴です。通常のワンタイムパスワードではIDとパスワードに加えワンタイムパスワードを正規なユーザーがフィッシングサイトに入力してしまった場合、不正にログイン情報を取得した者が一定時間内に正規サイトになりすましログインすることができてしまいます。一方でMamoru PUSHは、不正にログイン情報が取得され不正なユーザーがなりすましログインをしようとしても正規なユーザーの所有認証がない限りなりすましログインをすることができません。さらに、未知な環境からのログインは都度正規なユーザーに対して警告通知が行われます。
また、数十億件流出しているパスワードの懸念やアカウントロックなどの運用負荷が高いパスワードの代わりに、ログイン時に都度生成され一定時間に一度しか有効でなく鍵長の長い2種のトークンを使用した安全で便利な認証方式となっています。

<IceWall MFAについて>

アプリケーションの改変をすることなく容易に既存Webシステムの多要素認証(MFA:Multi-Factor Authentication)を実現するソフトウェア製品。
国内No1.シェア*1 を誇るWebシングルサインオン ソリューション「IceWall SSO」の技術をベースに、日本ヒューレット・パッカードが開発。

*1 出典: ミック経済研究所「個人認証・アクセス管理型セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2017年度版」

Tweet @mamoru_secureをフォローする
このエントリーをはてなブックマークに追加