在宅勤務状況の管理が必要に!?座席予約・管理でテレワーク実施率を簡単把握!

在宅勤務状況の管理が必要に!?座席予約・管理でテレワーク実施率を簡単把握!
  • 在宅勤務状況
  • テレワーク実施率
  • 座席管理
  • 座席予約
  • テレワーク
  • ハイブリッドワーク

こんにちは。PR担当のあいです!

あい

新型コロナウイルスが収束する気配を見せませんね。
政府は企業にテレワーク推進や出勤者の7割削減を求めていますが、なかなかうまくいかないこの現状…

そこで、経済産業省がテレワーク推進のため在宅勤務者を把握すべく、テレワークの実施状況が確認できるウェブサイトを開設しています。
対象は、約3,800社の上場企業。

今回はその具体的な内容と、対象の企業に向けて簡単に在宅勤務者の管理や把握ができる方法をご紹介したいと思います。

在宅勤務者を把握する目的は?

各企業のテレワーク実施状況を確認できるウェブサイトで確認できることは、上場企業(希望すれば、非上場企業もOK)のテレワーク実施率。
情報を開示することで、企業間で比較しやすい状態にし、テレワーク拡大を促すことが目的とのこと。これだけで大幅にテレワーク普及率が改善させるのかといれ難しいかもしれませんが、例えば、同じ業界の企業がテレワーク実施率高いのに対し、自社だけ低かったら焦って改善するみたいなことは起きるもしれませんね。

さらに、そのデータを学生の就職選びにも活用させるそうです。
確かにこのご時世、就職先を探すなら職種・業界・給料・福利厚生だけでなく、働く環境(テレワークできるかどうか)って結構重要になってくると思います。

新卒採用に力を入れる企業ならば、ぜひともテレワーク推進していきたいところですね。

机の上でパソコンを使っているイメージ

在宅勤務者の把握・管理ってどうすればいいの?

政府がテレワーク推進のため、上場企業のテレワーク普及率を開示させる流れができていることがわかりましたね。

それでは実際に、在宅勤務者を把握もしくは管理していくにはどうしたらいいのでしょうか?
現状何もしていない、または紙やExcelなどアナログ管理の企業が多いかもしれません。

一つ断言できるのは、アナログ管理は絶対にやめた方がいいということです。

コロナ禍で働き方が変わっていくのに対し、管理はアナログのままだなんて古いと思いませんか?
そして管理する側だって、手間がかかって大変です。

これから把握・管理を始めるならITツールを導入して、座席管理のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を進めた方が必ず良い結果になります。

アナログ管理が大変でイラついているイメージ

在宅勤務者の把握・管理におすすめなツールは?

在宅勤務者を把握・管理していくには、どんなツールを活用すればいいのでしょうか。
おススメするのが、ビジネスコンシェルジュツール「Mamoru Biz」です。

Mamoru Bizはヒト・モノ・カネ・に関する名もなき仕事™を減らします。
在宅勤務者の把握・管理は、座席表の可視化で解決できます。

座席表機能の使い方

  1. 管理ツールから座席グラフィックを選択

    ユーザーポータルにログインし、新規予約/予約状況を見る(スペース)を選択
  2. 作成した座席グラフィックのURLを社員に公開

    作成した座席グラフィックのURLを社員に公開
  3. 社員それぞれのPCで座席表を閲覧可能

    社員それぞれのPCで座席表を閲覧可能
  4. 見つけにくい場合や、リモートの方は検索

    見つけにくい場合や、リモートの方は検索
  5. 1ヶ月先まで座席の予約をすることが可能

    1ヶ月先まで座席の予約をすることが可能

在宅勤務者の把握・管理にさらにおすすめの機能

PC・スマートフォン対応

PC・スマートフォンどちらからでも座席表を見るだけでなく、座席予約が可能。

各デバイスの座席表、座席予約画面のイメージ

Microsoft Teamsと連携

Mamoru Bizの座席表は、Microsoft Teamsと連携。
座席から人を選択する、もしくは検索して人を絞り込むと、その人とのチャットをすぐに始めることができます。

Teams連携ボタンのイメージ

出社コントロールも可能

新型コロナウイルス対策として密を避けるため、オフィスと出社をミックスさせたハイブリットワークを導入している企業も多いと思います。

Mamoru Bizは新型コロナウイルス対策としても有効です。
管理ツールで設定した出社率に到達すると、警告を出し注意喚起を行います。
また、その日の座席占有率をレポートで振り返ることも可能です。
※設定した出社率を超えると、アラートが表示されます。

出社率管理画面イメージ

在宅勤務者の把握・管理は、ITツールで簡単にできることがわかりました。

テレワーク実施率を公表しなければならない約3,800社の上場企業のみなさま(もちろんそれ以外の企業のみなさまも)、Mamoru Bizを導入してテレワークの管理にかかる手間をなくしませんか?

お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事で活用した機能

座席表機能

座席表機能

誰がどこに座っているか一目瞭然
フリーアドレスの座席におすすめです

Mamoru Bizについて詳しく

おすすめ記事

Mamoru Bizが選ばれる3つの理由

  1. 1.安定の実績

    350社1,200チーム以上が活用しており、東京都主催のUPGRADE with TOKYOで表彰されているサービス。

    安定の実績
  2. 2.即導入でき、生産性向上が可能

    QRコードとアプリで即開始でき、カスタマイズ性がある名もなき仕事™を減らせる機能により、100名につき年間150時間以上の工数削減を実現。
    ※利用企業からのヒアリング

    生産性向上が可能
  3. 3.稟議承認を得やすい安心のセキュリティー

    PCI DSS、FISCの準拠にも利用されている日米特許の認証技術から派生した万全のセキュリティー。(ISO27001、Pマーク取得済み)

    安心のセキュリティー

ぜひ「Mamoru Biz」を体験してみてください

迷ったらまずはスペシャリストにお問い合わせください。
お問い合わせいただければ、トライアルのご案内が可能となります。

※トライアルプランのお申し込み、サービスのデモや詳細説明を希望する場合は、上記ボタンよりお問い合わせください。

トライアルプランお申し込み後、アプリをダウンロードしてください

その他 Mamoruシリーズのご紹介