フリーアドレス・ホテリングがオフィス縮小を成功させる!?【アフターコロナの働き方】

フリーアドレス・ホテリングがオフィス縮小を成功させる!?【アフターコロナの働き方】
  • フリーアドレス
  • ホテリング
  • テレワーク
  • 座席予約
  • オフィス縮小
あい

こんにちは!PR担当のあいです!
テレワークの日々が続き、すっぴんで仕事をする楽さに気づいてしまいました。

たまの出社はきちんと身だしなみを整えるので、自分でもその落差にびっくりします。

私みたいな女性は多いと信じていますが、世の中的にはどんな働き方になっているんでしょうか?

アフターコロナでオフィスを見直す企業は約7割!

月間総務が実施した「オフィスに関する調査」よると、なんと約7割の企業が新型コロナウイルスでオフィスの見直しを実施・検討したそうです。

新型コロナウイルスでオフィスの見直しをしたかのグラフ
※月間総務「オフィスに関する調査」

オフィス見直しの内容の中で、一番多かったのがオフィスの縮小について。

業界・業種にもよりますが、売上が落ち込んでいるにもかかわらず、家賃を支払わなければならない状況が続くのは厳しいですよね。
固定費を見直すなら、確かにオフィスの賃料削減は効果がありそうです。

新型コロナウイルスをきっかけに在宅勤務を推奨してきた企業は、収束後も変わらず多様な働き方を認めていくと予測されます。

もう元の世界に戻ることはありません。
私たちは新しい働き方を受け入れ、それに適応していくしかないのです。

例えば、出社とテレワークをミックスさせたハイブリッド勤務。
週5で出社する、完全にテレワーク移行というよりは、テレワークで不足しがちなコミュニケーションを補うために、このハイブリッド勤務が主流になっていくのではないでしょうか。

となると、ハイブリッド勤務を採用した企業も1日に出社する人数が減るので、オフィス面積の見直しをする必要が出てきますね。

このように世の中の流れとして、オフィスを縮小していく企業は増えていくでしょう。

会話をしているメンバーの写真

フリーアドレスにすればオフィスを縮小しても問題なし!

オフィスを縮小するならば、空間を有効活用したいところ。
そこで、おすすめするのは「フリーアドレス」です!

テレワークを導入している企業が、固定席のままオフィスを縮小してしまうとどうなるでしょうか。
本当に必要なオフィス面積より広い場所を借りなくてはいけません。
適したオフィス面積で借りないと、もったいないですよね。

オフィスの引っ越しには多くの費用・手間・時間が発生します。
会社全体を巻き込む話なので、失敗したくない重要な面積問題。

フリーアドレスだと、固定席より狭いオフィス面積でも出社した人のスペースを十分に確保できます。

フレキシブルな働き方には、フレキシブルな座席。
これからオフィス縮小を検討するなら、フリーアドレスを検討してみませんか?

オフィス縮小しない企業でもフリーアドレスを導入することで、ソーシャルディスタンスの確保ができたり、空いたスペースを別の目的で活用できたりと、メリットがあると思います。

電球のイメージ

フリーアドレスから派生したホテリングもおすすめ

オフィス縮小・フリーアドレス導入とともに、アフターコロナの時代に流行るかもしれないのが「ホテリング」。
ホテリングとは、フリーアドレスから派生して、社員が自ら席を予約するシステムです。

会社が密にならないよう出社をコントールしたい企業におすすめです。
1990年代に既にアメリカで提案され、このコロナ時代に再び注目を集めています。

コスト削減が主な目的とされるホテリングですが、新しい働き方にマッチしており、メリットもたくさんあります。
これはまた次回ご紹介いたしますので、お楽しみに♬

ツールを使うとフリーアドレス導入がより簡単に!

フリーアドレス導入すると、誰がどこにいるのかわからなくなるし管理が大変そうと思った方は、ツールを活用してみましょう。

オフィスを縮小することで、社員一人あたりにかかるコストが数万単位で削減できると言われています。

200~300円/人のフォローアップツールを導入しても、今までよりもコストを抑えつつフリーアドレスを効果的に活用することができます。

おすすめなのがビジネスコンシェルジュツールの「Mamoru Biz」。

Mamoru Bizは、座席用のQRコードを読み取るだけで人がいる場所を可視化します。
通常の出社に加え、フリーアドレス・リモートワーク・ローテーション勤務・ハイブリッド勤務など多様な勤務形態にも対応しています。

どれだけ席が使用されているかわかる座席分析機能もついているので、新型コロナウイルス対策の密管理も簡単にできます。

さらに、1ヵ月先まで座席の予約もできる便利な機能も追加され、フリーアドレスでもチームで仕事がしやすくなりました。

オフィス縮小にはフリーアドレス・Mamoru Bizが効果的です。
オフィスの見直しを検討している方、まずはMamoru Bizを試してみませんか?

座席表機能の使い方

【1】管理ツールから座席グラフィックを選択

管理画面

【2】URLを公開

【3】社員それぞれのPCで座席表を閲覧可能

座席表

【4】見つけにくい場合や、リモートの方は検索

座席表

【5】1ヶ月先まで座席の予約をすることが可能

座席表
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事で活用した機能

座席表機能

座席表機能

誰がどこに座っているか一目瞭然
フリーアドレスの座席におすすめです

Mamoru Bizについて詳しく

おすすめ記事

ぜひ「Mamoru Biz」を体験してみてください

迷ったらまずはスペシャリストにお問い合わせください。
お問い合わせいただければ、トライアルのご案内が可能となります。

お問い合わせ

※トライアルプランのお申し込み、スケジューラー機能のお試しをご希望の場合は、上記ボタンよりお問い合わせください。