全学生に安心安全なキャンパスライフを!対面型授業に向けた密管理と座席ログで感染拡大防止対策を強化

プロフィール紹介

新潟大学

10学部、5大学院研究科を有する総合大学で、学生数は約12,000人(学部生 約10,000人、大学院生 約2,000人)。
主なキャンパスとして、五十嵐キャンパス(新潟市西区)と旭町キャンパス(新潟市中央区)がある。旭町キャンパスには、医学部、歯学部があり、五十嵐キャンパスには医学部、歯学部以外の学部がある。医学部、歯学部の学生も、1年次は、主に五十嵐キャンパスにて学ぶ。

新潟大学のロゴ

※写真は一部を除き2019年度以前のものです。

これまでの課題感

教室の様子の写真

新型コロナウィルスのウイルス性質が定かでないという状況下で、本学も早急に議論し、令和2年度の授業は、新型コロナウィルス感染症拡大防止を最優先し、第1学期は非対面型を原則として授業を実施していました。

非対面型授業が長くなるにつれて、学生たちの状況も見えてきたのですが、特に令和2年度に入学した学生においては丸1年このような状況が続いており、学生同士の人間関係が築けないなどの不安の声も上がっていました。

そういった中で、大学側もオンライン上で授業とは別にソーシャルなイベントを行ったり、感染予防にしっかり気をつけながら、学部ごとに少人数でキャンパス見学会のような取り組みを実施するなどの工夫を行ってまいりました。

令和3年度第1学期においては、感染状況を見据えながら必要性のある対面型授業の範囲を前年度よりも拡げ、授業の教育効果及び学生生活の充実を図るために、学内での感染拡大防止がより重要となってきました。

Mamoru Bizを導入しようと思ったきっかけ

キャンパスの様子の写真

対面型授業の実施に際しては、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策として、受講学生の人数を教室収容定員の概ね半分以下に設定するとともに、3密を徹底的に回避することや授業回ごとに学生の出席状況を記録することを徹底しようと考えました。その一環として、御社の座席管理システムを導入することにしました。

他に検討したツールもいくつかありますが、他ツールと比較してMamoru Bizはハードの準備など大掛かりな事前準備が必要なかったこと、それに付随するかも知れませんが、初期費用の発生もなく、コスト面も含め導入の決め手となりました。

Mamoru Bizの使用感

座席表機能について

QRコードが貼られた机の写真

万が一、新型コロナウィルス感染症に感染した学生が判明した場合に、当該学生が使用した座席等の情報から濃厚接触者の特定・対応や、関係施設の消毒等の対応がより迅速に行えます。実際、導入後に感染報告があったという事例がありましたが、データログを活用し2次感染予防対策を迅速に行うことが出来ました。

現在、Mamoru Bizに登録したユーザ(学生)は12,315人、QRコード(座席)は8,055件で、アクティベートした学生は50~60%となっております。
アクティベート数が少なく感じられるかもしれませんが、実態としては1、2年生の登録率が多く、3、4年生になるにつれて登録率が低くなっており、授業数の多い1、2年生は積極的に登録を行えていると思います。

本システムの導入後、感染者数の増加や緊急事態宣言の発令など情勢が著しく変動していたので、本来予定していた通りには対面型授業の数を増やすことが出来ませんでしたが、今後より活用していく機会は増えていくことと思います。

ユーザー(学生)の声

Mamoru Bizアプリを利用している学生の写真

全学生に向けて本システムの導入をアナウンスし、一斉に利用を開始しましたが、こちらを使用するにあたり、特に大きな混乱はありませんでした。
事前にスマホにアプリをダウンロードし、授業を受けるタイミングで座席にあるQRコードを読み取るだけなので、学生側も身近なアイテムでの操作で対応しやすいものであったのかと思います。
まだアクティベートできていない学生もいますが、対面型授業が増えていけば自然と登録も増えていくと考えています。
学部毎、また授業の際の声がけなど、よりこのシステムを活用していけるよう引き続き体制を整えていきます。

今後の展望

図書室の写真

学生の皆さんには、対面型授業の受講や、学内でのオンライン型授業の受講に際して、本システムの確実な利用についてご理解、ご協力をお願いします。
一方、今後もオンライン授業は続け、対面型授業と併用しながら柔軟な対応をしていきたいと考えております。
本学はキャンパスが2つあり、その間10km以上離れているため、医歯学系の一部の学生は授業のために離れたキャンパスに通わないといけないため、通学が大変です。
このような側面からもオンライン授業を継続していくことでカバーできればと考えています。
今後ワクチン接種が進み、安全性がより高まって行くと思いますが、引き続き学生が安心してキャンパスライフを送れるような環境を整えていきたいと考えています。

また、現在は利用していないのですが、校内のモノの管理ができる備品管理機能も大変興味があります。
特に毎年、研究室内の図書の管理には苦労しており、膨大なリストの中からチェックしなければならないという手間があり、まさにその作業自体は御社のいう「名もなき仕事」だと思いますので、どんどん手軽にし、スムーズな管理体制を整えていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mamoru Bizが選ばれる3つの理由

  1. 1.安定の実績

    350社1,200チーム以上が活用しており、東京都主催のUPGRADE with TOKYOで表彰されているサービス。

    安定の実績
  2. 2.即導入でき、生産性向上が可能

    QRコードとアプリで即開始でき、カスタマイズ性がある名もなき仕事を減らせる機能により、100名につき年間150時間以上の工数削減を実現。
    ※利用企業からのヒアリング

    生産性向上が可能
  3. 3.稟議承認を得やすい安心のセキュリティー

    PCI DSS、FISCの準拠にも利用されている日米特許の認証技術から派生した万全のセキュリティー。(ISO27001、Pマーク取得済み)

    安心のセキュリティー

ぜひ「Mamoru Biz」を体験してみてください

迷ったらまずはスペシャリストにお問い合わせください。
お問い合わせいただければ、トライアルのご案内が可能となります。

※トライアルプランのお申し込み、サービスのデモや詳細説明を希望する場合は、上記ボタンよりお問い合わせください。

トライアルプランお申し込み後、アプリをダウンロードしてください

その他 Mamoruシリーズのご紹介