“出社×テレワーク”ハイブリッドワークの課題を解決

プロフィール紹介

株式会社エッジ・インターナショナル

株式会社エッジ・インターナショナルは、統合報告書を中心とするレポーティングサービスの提供で、企業の見えない価値を見える化し、顧客の企業価値向上に寄与している。創業以来、顧客企業の隠れた価値を引き出しデザインするIRコミュニケーションのクリエイティブ集団として、業界でも独自の存在感を示してきた。

株式会社エッジ・インターナショナルのロゴ

これまでの課題感

オフィスで業務中の男性と女性の写真

東京オリンピックが決定した段階で、試験的に一部の社員がテレワークを取り入れはじめていましたが、新型コロナウイルスの蔓延といった昨今の社会情勢により、会社全体でテレワークを実施することとなりました。
現在は社員が出社日をフレキシブルに設定し(週1~2日程度)、その他はテレワークで働いています。

働き方が、出社×テレワークのハイブリッドワークになったことで、新たな課題が発生しました。
例えば、社員が今出社しているのかテレワーク勤務なのかを把握するのが難しくなったことや、就業時間と家事や私用による外出など、プライベートな時間の境が曖昧で勤務時間が長くなっていることなどが挙げられます。
これらの課題により、社員の現在位置を確認することと業務時間と休憩(時間外)のログを取ることの必要性が出てきました。

さらに、今後テレワークを併用した働き方が定着し出社比率が低くなることを考慮してオフィスの活用方法について検討した結果、フリーアドレスを採用することとなりました。
会社に出社をしていても誰がどこにいるのか分かりにくいため、簡単に座席位置を把握したいという要望もでてきました。

このように、弊社は働き方の変化により、勤怠・座席位置の把握が急務となりました。

Mamoru Bizを導入しようと思ったきっかけ

QRコードを読み込んでいる写真

テレワークといった新たな働き方や、オフィスの在り方については、進化の最中であるため、さまざまな変化にも対応できるようなツールであるということがマストな条件でした。
さらに現在は、勤怠システムを刷新することも検討しており、新たな勤怠システムとの連携が可能かどうかという点にもツールを選定するうえで重要なポイントとなりました。

いくつかのツールを比較・検討した中で、Mamoru Bizはどのような状況になったとしても、柔軟に対応ができるような感触がありました。

Mamoru Bizの使用感

座席表機能について

QRコードの写真

導入前から感じていた通り、使用方法はシンプルで扱いやすかったです。
使用するにあたり自社の運用ルールも設定したので、事前準備で独自マニュアルも作成し、社員に共有しました。

最初の1~2週間で、4割弱の社員が利用を開始しました。
いかに社員に使用するクセをつけてもらうかが、運用のカギだと思ったので、毎週使用率を全社に公開していました。
その他、2週間に1回は上司にメンバーの使用状況を報告するようにした結果、2か月を過ぎた今では約9割の社員が、使用しています。

Mamoru Bizを導入したことで、社員がどこにいるのか簡単に把握できたり、出退勤だけでなく、今までは全く分からなかった社員の休憩時間中のログの取得についても良い方向に進んでいます。

Mamoru Bizに期待すること

現状はMamoru Bizと勤怠システムがそれぞれ独立しているため、2回打刻をしないといけません。連携がスムーズになってくれるとすごく嬉しいです。

また、現状勤怠画面で選択できる項目が、出勤・退勤・外出・座席抽選とシンプルです。ここに休憩や休憩戻りという項目があると業務時間外がわかりやすくなるので、追加していただけたら、私たちのようにMamoru Bizを利用して勤怠管理をしたい企業にとってさらに便利になると感じました。

今後の展望

オフィスで業務中の男性の写真

エッジ・インターナショナルは、Mamoru Bizと自社が使用する勤怠システムとの連携をはじめとして、働き方やオフィスの在り方を変革していきます。社員同士のコミュニケーションに欠かせないツールとしてMamoru Bizをより活用していきたいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mamoru Bizが選ばれる3つの理由

  1. 1.安定の実績

    350社1,200チーム以上が活用しており、東京都主催のUPGRADE with TOKYOで表彰されているサービス。

    安定の実績
  2. 2.即導入でき、生産性向上が可能

    QRコードとアプリで即開始でき、カスタマイズ性がある名もなき仕事™を減らせる機能により、100名につき年間150時間以上の工数削減を実現。
    ※利用企業からのヒアリング

    生産性向上が可能
  3. 3.稟議承認を得やすい安心のセキュリティー

    PCI DSS、FISCの準拠にも利用されている日米特許の認証技術から派生した万全のセキュリティー。(ISO27001、Pマーク取得済み)

    安心のセキュリティー

ぜひ「Mamoru Biz」を体験してみてください

迷ったらまずはスペシャリストにお問い合わせください。
お問い合わせいただければ、トライアルのご案内が可能となります。

※トライアルプランのお申し込み、サービスのデモや詳細説明を希望する場合は、上記ボタンよりお問い合わせください。

トライアルプランお申し込み後、アプリをダウンロードしてください

その他 Mamoruシリーズのご紹介